eSIMって何?

 

みなさまこんにちは!!

スマホ修理王鹿児島本店です。

 

昨日はiPhone新機種の話題で持ち切りでしたね(^^♪

XS,XS Max,XRということで今回はすべてベゼルレスデザインでした。

 

そして、すべてがデュアルSIM対応ということで

かなり魅力的だと感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。(筆者含むw)

 

そのデュアルSIMなのですが中国以外ではnanoSIMとeSIM対応ということでしたね!!

 

nanoSIMはiPhone5以降の端末で対応しているのでわかるかと思うのですが、「eSIMってなんぞ?」と思った方いるかと思いますので今回はそのeSIMについて解説していけたらと思います。

 

そもそもSIMカードってどんな役割をしているの?

当店をご利用いただくお客様の中でよく「SIMカードにデータ(写真、連絡先など)がはいっているんですか?」というご質問をいただくのですが、これに関しては大きな勘違いをしてしまっております。恐らくSIMカード=SDカードの考えになってしまってるといったところだと思います。

 

では、SIMカードって何?となるかと思います。

ものすごく簡単にいうと「契約情報などを記録したICチップ」だと思ってください。

(今回に関しては細かい部分は省かせてください...。)

 

SIMカードを抜くとSIMなしという表記が出てWi-Fiにつなげていない限り通信ができませんよね?

 

要するにSIMカードは契約したキャリアの回線をつかって通信するためのものだと思っていただければわかっていただけるかと思います。

 

eSIMとは?

本題に入らせてください。

そもそもeSIMってなに?

eSIMとは「embedded Subscriber Identity Module」の略称で

「埋め込み型加入者認識モデュール」となります。

 

この訳からおおよそ予想は出来たかと思いますが、

eSIMは埋め込み型のSIMとなります。

 

これによってSIMカードをいちいち差し替えることなく通信サービスを切り替えることが可能になります。

 

よく海外に行かれる方に多いとは思うのですが、現地にいってわざわざ現地のサービスと契約して....(続く)といった手間が出てこなくなるわけです。

 

このeSIMによっていろんな手間が省け、便利になる!というわけです。

 

ただ、問題点もあります。

 

現在、eSIMに対応しているところは少なく

日本では対応しているところはほとんどありませんでした。

 

新iPhone発表後に対応する動きが出てきたところがほとんどです。

そこまで、まだeSIMが浸透していないというところがデメリットでもあるんですね...。

 

そんな、eSIM主流の時代は来るのでしょうか?

発売後のユーザーの反応が楽しみなところでもあります。

 

eSIMについて少しでもわかっていただけたでしょうか?

わかっていただけたら嬉しいです!!

 

当店は本日も営業中ですのでスマホの破損や不具合で

もしお困りのことがございましたらお気軽にご相談くださいませ!!